Dydon 360 Eyeはどれだけ猫にとって衛生的か。ルンバと比べてみた

Dyson 360 Eyeだと猫の毛が大量に取れる

ロボット掃除機を購入する場合、ルンバかダイソンで悩む人も多いだろう。私は2台両方使った経験があるが、メンテナンス面では衛生的な作りで確実にDyson 360 Eyeをおすすめしたい。
この記事では猫目線で考えた360 Eyeのメリットについて、ルンバと比べながら紹介しよう。

ルンバは良いと言われているが、メンテナンスを怠ると不衛生に

ルンバと言えばロボット掃除機の代名詞とも言える1流メーカーだ。ほとんどの人はルンバにしようか、別の製品にしようか悩んでいるかもしれない。

そんな人に一言だけ伝えたいことがある。

絶対にルンバはやめといた方が良い。猫飼ってるなら。

ロボット掃除機は毎日自動で掃除してくれるので楽だが、ルンバはそれと同じくらいメンテナンスに手間がかかる。どちらが楽かわからなくなってしまう。
実際にルンバをメンテナンスしてから1週間の写真を見せよう。

ローラーには細かい毛が絡みつき、しかも取れない。専用のメンテナンスキットである程度は取れるが、それ以上綺麗にすることはできないのだ。
ダストボックスには細かいチリがたくさん入っている。細かなゴミまで取れるのは良いのだが、ルンバのダストボックスは吸引モーターを内蔵しているため水洗いできない。チリを完全に取り除くにはウェットティッシュなどで綺麗に拭き取るしかないのだ。

さらにルンバはフィルター類がかなり汚れる。これは、吸い込んだ空気を紙パック掃除機のようにフィルターで分けているだけだ。そのためすぐにフィルターが目詰まりする。

正直ルンバのダストボックス周りはダニの巣窟になっていそうで、これが毎日床を掃除していると考えるとなんとも言えない恐怖心だ。

Dyson 360 Eyeは強みのサイクロン式を最大限活かしている

では360 Eyeはどうだろうか。まず1番に、掃除機にも搭載されているサイクロン式が採用されている。サイクロン式によってゴミと空気を分離しているため、基本的に綺麗な空気しか排出されない。一応排気口にフィルターがついているが、メンテナンスの頻度は半年に1度とほぼメンテナンスしなくて良いのだ。

取れるゴミだがさすがはダイソン、見たことのないチリをたくさん取ってくる。ダニなどは猫の衛生面にも関わるため、微細なゴミも取り除いてくれるのは非常にありがたい。

そして何より良いことは、ダストボックスが洗えることだ。フタを取って中の容器を綺麗に洗える。ルンバの様に、ウェットティッシュで申し訳ない程度に拭く必要も無いのだ。正直ダストボックが洗えるだけでDyson 360 Eyeをオススメしたいくらいだ。

高さがある、ダストボックスが小さいと言われてきたが、猫飼いにはダイソンが良い

レビュー記事を書いてる人の中には「高さがルンバよりあるので狭い隙間に入れない」や、「ダストボックスが小さいのですぐに中身を捨てる必要がある」と言う意見をよく見る。
本当に使ったことがあるか疑問な点は置いといて、私は360 Eyeをオススメする。

「猫を飼っている」。これがあるので、求めるものは変わってくる。
猫にとって衛生的な方が良いのではないだろうか。
吸引力が強く、猫の体調にも影響するダニを吸ってくれる方が良いのではないだろうか。
大量の毛を吸い取ってくれる方が良いのではないだろうか。

これらを考えると先ほどのレビューはそんなに役に立たない。むしろサイズが小さく隅々まで掃除してくれる。吸引力が落ちないので実はダストボックスのゴミを捨てる間隔は同じである。さて、猫の事を考えた時、あなたはどのロボット掃除機を選ぶ?答えは1つだろう。

スポンサードリンク







Dyson 360 Eyeだと猫の毛が大量に取れる