Dyson 360 Eyeの吸引力はどれくらいか?猫の毛も全て吸い取るパワー?

猫を飼っている人にとって一番大変なのが「毛の掃除」。毎日掃除を行わないと部屋中が毛だらけになって、鼻がムズムズしてくるだろう。
そんな毎日の負担を軽減してくれるのがロボット掃除機。特にDyson 360 Eyeは吸引・集塵能力が優れていると言われています。どれほどの性能なのか、実際に短毛・長毛2匹の猫を飼っている私が使用したレビューを紹介する。

ロボット掃除機と言えどもダイソン掃除機の吸引力は引き継いでいる!

まずロボット掃除機で心配なのは吸引力。なんとなくゴミをちゃんと吸ってくれない、細かいゴミまでは無理だろう、と言ったイメージがある。
私自身も以前はそのイメージだった。しかし実際に使ってみると全く違うことに気が付いた。これは本当に革命品だ。大きなゴミだけではなく、どこから吸ってきたかわからない小さなチリまで拾ってくる。2週間に1回程度はモップがけを行い取り除いているはずなのに、それでも取りきれないゴミを丁寧に拾ってきてくれる。これには最初感動を覚えた。

Dyson 360 Eyeの集塵力は、他のロボット掃除機を圧倒している。ダイソンと言えばサイクロンテクノロジー。「どうやったら吸えるロボット掃除機を開発できるか」ではなく、「サイクロンテクノロジーをロボット掃除機で実現するか」逆の発想が垣間見える。まさにDyson 360 Eyeはダイソンでなければ作れなかったプロダクトなのだ。

Dyson 360 Eyeのサイクロンテクノロジー

実際に使用した感想

前述でも述べたがより詳しく話そう。
もともと私はルンバを使用していた。ダイソン製品に惚れたのと、ルンバが衛生面で気になることが多く、買い換えた。
当初レビューを見ると「ルンバの方が良かった」と言う意見をちらほら見る。ただ360 Eyeはソフトウェアのバージョンアップを行っており、発売当初からは全く違う性能に進化している。むしろダイソンの掃除機を持っている私としては、あの吸引力がロボット掃除機にも付いている、と魅力にさえ感じた。そして購入。

実際に使用してみるとその吸塵力に驚いた。
ルンバはランダム走行で手当たり次第に掃除するが、360 Eyeは空間を把握し雑巾掛けの様に隅を行き来して掃除を行う。ルンバは「同じ箇所を平均4回掃除する」と豪語していたのに対し、ダイソンは「この吸引力なら1回で十分、効率的」と打って出た。
この部分もユーザーからは「本当に1回で大丈夫なの?」と疑問の声が出ていたが、360 Eyeなら大丈夫だ。結果的にはルンバの半分の時間で、ルンバ以上の吸塵をしてくれた。

Dyson 360 Eyeだと猫の毛が大量に取れる

猫を飼ってるこそ吸塵力は魅力

他のユーザーと違い、猫を飼っている人のゴミの性質は違う。猫の毛や皮脂、衛生面で気になるダニ等を確実に吸い取ってほしい。そんなスペックを求めているからこそ、Dyson 360 Eyeは生活になくてはならない存在となった。

楽に掃除してくれるロボット掃除機。安価な製品も出始め、何を買おうか迷ってしまうが、猫を飼っている人がこの記事を読んでいるなら、必然的にロボット掃除機の選択肢はDyson 360 Eyeになるだろう。

スポンサードリンク